岡田眼科医院院長紹介
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 昭和25年 6月生まれ 寅年 
 昭和53年 東邦大学医学部卒業
 東邦大学付属大森病院眼科入局  
    同   大橋病院眼科
 東京厚生年金病院眼科
 佐々木病院眼科
 を経て、郷里にて開業
 
趣味
テニス、遠泳、写真
     
 
 

  平成4年5月1日に眼科医院を開業しました。お年寄りが多くなっていく将来を見据え、老化によって生じる視力障害からの開放を目指しています。
  最も多い疾患は白内障ですが、当院ではより安全で正確な手術を心がけております。白内障術後に患者さんから「見えるようになって嬉しい」と言われる事が、私自身も嬉しいことです。
  また、最近はその割合が比較的多いと言われ、放置しておくと厄介な緑内障についても、より早期に発見して進行を防ぐよう努力しています。
  地域医療への関わりについては、学校医として一宮町及び睦沢町の全校(9校)の健診と指導を、また茂原市長生郡の住民健診で眼底検査の判定に携わっております。

院長  岡田 恒治